アントシアニンで視力回復と眼病予防5

アントシアニンで視力回復と眼病予防5

「糖尿病網膜症」は、徐々に進行していく病気です。ここで注意しなければならないのは、かなり進行してしまっても、視力の低下などの自覚症状がほとんどないということが挙げられます。これに加えて、糖尿病そのものが、自覚症状の少ない病気なことも一因しています。しかしながらも、糖尿病を放置したままにすると、ある日突然目が見えなくなってしまい、目の前が真っ暗になったと慌てて病院に駆け込むことがあるかもしれません。その場合、「硝子体出血」や「網膜剥離」と診断されることがあるのです。自分のことは自分が1番よく知っている、忙しくて通院していられない、検査しないと見つからないような段階ならまだ大丈夫と、過信している人の場合、合併症が間違いなく発症し、進行してしまうと言えるでしょう。だからこそ、糖尿病と診断されたら、適切な治療を続けていくようにして下さい。それに加えて、定期的に眼科検査を受けることを忘れないようにしましょう。そうした検査や治療を続けていれば、糖尿病が原因で失明することは高確率で防ぐことが可能になっています。