アントシアニンで視力回復と眼病予防4

アントシアニンで視力回復と眼病予防4

糖尿病網膜症とは、高血糖が原因となって、網膜の毛細血管が細くなってしまい、血管が脆くなってしまう目の病気になります。これは結果的に、「眼底出血(がんていしゅっけつ、高血圧・動脈硬化・糖尿病や眼球の打撲などで起こる、眼底の網膜などの血管が破れて出血している状態)」を起こしたり、それが徐々に広がってしまい、「硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ、硝子体は透明な組織で、血管がなく、したがって硝子体出血というのは、硝子体周囲の組織からの出血を意味しており、とくに網膜出血が硝子体中に波及してくることが多い)」を起こしたりします。「アントシアニン(植物色素アントシアンのうち、アントシアニジンに糖が結合した配糖体)」には、「毛細血管(動脈からの酸素や栄養を組織に与え、組織から炭酸ガス・老廃物を受け入れて静脈へ送る、閉鎖血管系で、動脈・静脈の末梢が細かく枝分かれし、網目状となってつながる細い血管)」を強化する作用があることから、そうした出血を押さえる効果が期待出来るようになっています。