視力回復のためのルテインと目の関係5

視力回復のためのルテインと目の関係5

黄斑部を酸化から守り、黄斑変性症を予防し、改善するためには、ルテイン以外の成分もまた、同時に摂取するべきだと言われています。具体的には、「ベータカロチン(ビタミンA、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれ、摂取すると体内でビタミンAに変わる)」、「ビタミンC(新鮮な野菜・果物や緑茶などに含まれ、熱に弱く、すぐ分解してしまい、強い還元作用があり、体内の酸化還元反応に関与する)」、「ビタミンE(野菜・植物性油脂などに多く含まれ、不飽和脂肪酸の過酸化を防ぐ作用を有する)」、「亜鉛(単体は銀白色の金属で、湿った空気中では灰白色となる。酸にもアルカリにも溶解する、亜鉛族元素の1つ)」といった成分になります。ルテインは、ビタミンCと同じくして、活性酸素と戦って消費されると、だんだんと減っていきます。その原因としては、実は光の害だけにとどまらないのです。喫煙や老化、ストレスなどによっても、活性酸素は発生してしまいます。だからこそ、常日頃、食事から積極的にルテインを補給し続ける必要があるわけです。