ルテインを効果的に摂取して視力を回復させる1

ルテインを効果的に摂取して視力を回復させる1

ルテインは実は、常に「ゼアキサンチン」という物質と共に存在しています。ルテインとゼアキサンチンは、「構造異性体(こうぞういせいたい)」の関係にあるわけです。構造異性体とは、化学における、異性体の分類の1つになります。組成式は等しいものの、原子の間の結合関係が異なる分子のことを指します。簡単に言うと、分子式は同じであっても、構造式が互いに違う異性体のことで、分子の構造も働きも大体同じだということです。このルテインを摂取することによって、その1部は、体内において、ゼアキサンチンと同様の物質へと変換されていきます。ゼアキサンチンは、黄班部の中心に多く含まれているのが特徴です。ゼアキサンチンは、目の網膜(目の最も重要な部分で、外界の光を受けて像を結ぶ、眼球を覆う最も内側の膜)に含まれるカロテノイドの1種になります。黄斑中央部において、ゼアキサンチンは主要な構成物質ですが、網膜周辺部位においては、ルテインが主要な構成物質となります。