これだけで分かる視力回復トレーニング理論

これだけで分かる視力回復トレーニング理論

「視力回復トレーニング」には、もちろんきちんとした理論が存在します。視力回復トレーニングには、元になるとする2つの説があるのです。それが、現在の眼科の定説であるヘルムホルツ理論と、それに異説を唱えたベイツ理論なのです。ベイツ理論の場合、外眼筋が眼球をしめつけていると説明していることが特徴です。また、「マジカルアイ」の視力回復効果があります。今話題となっている立体画像のマジカルアイでは、目を開く「平行法」、寄り目にする「交差法」という2つの作用によって、美しいイラストを見るというものです。これによって、イラストに奥行きが出てきて、やがて立体的に見えるようになるわけです。そして、「ピンホールメガネの視力回復現象」です。ピンホールメガネとは、黒いサングラスのようなメガネに、いくつかの小さな穴があいている視力回復グッズになります。よく手を丸めて小さな穴を作り、それを覗いてものを見ることも、これに該当します。これには、毛様体筋(もうようたいきん)が休まり、虹彩筋(こうさいきん)が鍛えられるという効果が期待出来ます。