視力回復トレーニングを実践する5

視力回復トレーニングを実践する5

「外眼筋(眼の周囲にあって眼球と眼瞼の運動にたずさわる筋肉の総称)」は、目をあらゆる方向へ動かす筋肉のことを言います。この外眼筋が、眼球(脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)を横から締め付けることから、眼球が縦に伸びるという説が存在します。これが、ベイツ説です。ベイツ説によると、長く伸びた眼球の形を元に戻すためには、眼筋である上下の斜筋の緊張を解せばよいことになります。つまり、外眼筋の緊張をほぐすくトレーニングになるわけです。外眼筋の緊張をほぐすくトレーニングを続けていくことによって、たとえ強度の「近視(水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こる、平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」であっても、視力を回復する可能性があるかもしれません。近視はまた、凹レンズで矯正することが出来るようになっています。ベイツ説は、近視の原因を説明しているだけでなく、遠視や乱視の原因も解明していますが、あくまで仮説ということを押さえておきましょう。