視力回復トレーニングを実践する4

視力回復トレーニングを実践する4

「外眼筋(がいがんきん、眼の周囲にあって眼球と眼瞼の運動にたずさわる筋肉の総称)」を鍛えるための、「視力回復トレーニング」は2種類存在します。まずは、外眼筋を鍛えるトレーニングである視点(物事を見たり考えたりする立場、視線の注がれるところ)移動法になります。そして、外眼筋の緊張をほぐすトレーニングになります。外眼筋を鍛えるトレーニングは、その名前から分かるように、外眼筋を強くするトレーニングになります。外眼筋が強くなると、目の周辺部の血行(血液が体内を循環すること)が常に良い状態となるわけです。だからこそ、少々のことでは目が疲れにくくなるのです。また、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」と眼病(目の病気)とを予防する効果も期待出来ます。外眼筋を鍛える方法としては、動体視力、スポーツビジョンの訓練にもなります。だからこそ、スポーツのパフォーマンスもアップする可能性を秘めているのです。