視力回復トレーニングを実践する3

視力回復トレーニングを実践する3

遠くと近くを交互に見る「遠近トレーニング」と、遠くの1点に目を凝らす「遠方凝視トレーニング」は、目の血行をよくする方法と同じくして、「仮性近視(目を近づけて長時間本を読んだり、細かな作業をしたりして、毛様体筋が緊張を続けすぎて回復しにくくなり、一時的に近視のようになる状態)」や、軽度の「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」に有効な方法として知られています。眼軸が長い強度の近視の場合には、実はあまり効果を期待出来ません。なぜなら、近視の原因自体が、「毛様体(もうようたい、水晶体の厚さを変えて屈折度を調節し、像の焦点を合わせる働きをする、眼球の水晶体を輪状に取り囲む組織)筋」ではなく、眼球が長過ぎるという所にあるからです。毛様体筋の訓練で結果が出ない場合、「外眼筋(がいがんきん、眼の周囲にあって眼球と眼瞼の運動にたずさわる筋肉の総称)」の緊張をとくトレーニングを試してみることをお勧めします。