視力回復トレーニングを実践する1

視力回復トレーニングを実践する1

視力回復トレーニングの1つである「目の血行をよくする方法」は、実は視力回復トレーニングというよりも、目の疲労をとる方法と表記する方が的確です。目の血行をよくする方法としては、「目のツボ指圧」や「強いまばたき」、「パーミング(手の平で目を覆う方法)」、「蒸しタオル」、「目の日光浴」、「超音波治療器」といったものが挙げられます。たとえば目のツボ指圧であれば、いつでもどこでも実践出来るのでお勧めです。目が疲れた時には、すぐに行なえることもポイントでしょう。目のツボ指圧は、目の周囲の血行だけを上手く良くしていくことが可能となっています。目の血行をよくする方法を根気よく続けていくと、「仮性近視」は必ず治るそうです。また、軽度から中程度の近視であっても、視力を改善させる可能性があるのです。強度の近視の場合、なかなか効果を実感出来ないこともありますが、その場で一時的に疲れを取ったり、微力ながらも視力を上げることは出来ます。目の血行をよくする方法は、眼球全体の血行をよくすることから、眼病の予防にも効果的です。また、レーシック手術後の目のメンテナンスにも良いとされています。