なぜ視力回復のためにトレーニングをするのか?2

なぜ視力回復のためにトレーニングをするのか?2

目の基礎体力をつけて、目を疲れにくくするためには、外眼筋を鍛えるトレーニングが有効です。外眼筋を鍛えるトレーニングの場合、外眼筋が強くなることで、「近視」や「老眼」、さらには様々な眼病にならない防護壁を作ることが出来るのです。おおまかに分けて3つからなる視力回復トレーニングは、どのような程度の近視に対しても効果が見込めます。だからこそ、どの方法を選択するかは、自身の目の具合にもよるでしょう。また、外眼筋の緊張をほぐすトレーニングというものがあり、これは現在の眼科の説とは異なったベイツ理論が基になっています。ベイツ理論によると、近視の原因を説明することが出来ます。また、もしもこの説が正しかった場合、どこまで強度の近視であったとしても、視力の回復が期待出来るわけです。その他のトレーニングとしては、明暗調節を行なっている「虹彩筋(こうさいきん)」を鍛える方法も存在します。さらに、脳の機能を高めて、脳の方から目に歩み寄っていくという考え方もあります。