なぜ視力回復のためにトレーニングをするのか?1

なぜ視力回復のためにトレーニングをするのか?1

視力を回復するためには、目の血行をよくする方法、毛様体筋の視力回復トレーニング、外眼筋の視力回復トレーニングという、3つのトレーニングをする必要があることを紹介しました。この3つの視力回復トレーニングには、それぞれに大事な役割を持っているのです。具体的なものとして、まず目自体が疲れたと感じた時には、目の血行を良くする方法を行なうことになります。この場合、有酸素運動・筋力作り・ストレッチ・目のツボ指圧・蒸しタオル・パーミング・強いまばたき・目の日光浴などが挙げられます。目のための超音波治療器なども出ているのでお勧めです。また、眼球がまだそれほど伸びていない、軽度から中程度の近視の場合では、毛様体筋を鍛えるトレーニングが有効です。毛様体筋を鍛えるトレーニングによって、「水晶体(透明なレンズ状をなす、眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官)」を薄くすることが可能になっています。これは、子供の視力回復トレーニングとしても良いと考えられています。