視力を回復するためのトレーニング2

視力を回復するためのトレーニング2

代表的な「視力回復トレーニング」は、大きく分けて3種類があります。1つめは、目の血行をよくする方法です。これは、全身の血行をよくする方法と、目の周辺の血行をよくする方法とがあります。前者は、有酸素運動や筋力トレーニングなどで、後者が、目のツボ指圧や目の日光浴などになります。2つめが、毛様体筋の視力回復トレーニングです。これは、遠近体操方法(遠近を交互に見ること)と、遠方凝視方法(よく見ようと目をこらすこと)になります。そして3つめが、外眼筋の視力回復トレーニングになります。これは外眼筋自体を鍛えるトレーニングと、外眼筋の緊張をほぐすトレーニングになります。現在において、視力を回復するためのトレーニングが様々に紹介されています。たくさんあるからこそ、どれを行うべきか迷ってしまうこともあるかと思います。おおまかに分けると、以上の3つになるので、自分がどのタイプなのか、どこに不調が生じているのかを確認し、実行するようにしましょう。