視力を回復するためのトレーニング1

視力を回復するためのトレーニング1

視力を回復するための「トレーニング(練習をすること、訓練、鍛練)」というものが存在します。この視力回復トレーニングは、「仮性近視(かせいきんし)」に対して最も有効だと考えられています。仮性近視は、目を近づけて長時間に渡って本を読んだり、細かな作業をしたりするなどして、毛様体(水晶体の厚さを変えて屈折度を調節し、像の焦点を合わせる働きをする、眼球の水晶体を輪状に取り囲む組織)筋が緊張を続け過ぎることによって回復しにくくなってしまい、一時的に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」のようになる状態を言います。仮性近視の場合、訓練などで回復することが可能です。別称としては、「学校近視」や「偽近視」などがあります。そのほかの作用としては、視力が0・1以上であれば、確実に視力回復が可能だという点です。たとえ強度の近視の場合であっても、現在においては、それに見合ったトレーニング方法がたくさん紹介されています。