そもそも視力は回復するのか?1

そもそも視力は回復するのか?1

私たちは1度は、視力は回復しないと聞いたことがないでしょうか。そもそも、低下してしまった視力は回復するが可能なのか、見ていきたいと思います。実は、この問いに関しては、明確には答えることが出来ないと言われています。なぜなら、例えば水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こる「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」にしても、軽度から強度まで、その症状は様々だからです。「仮性近視(学童らが長時間読書をしたりしていると、毛様筋という水晶体の厚さを調節する筋が疲れるため調節力が低下し、水晶体が膨らんだままになったためにおこる近視状態をいい、偽近視ともいう)」という状態の場合、近視ではなく、その一歩手前に当たります。これは目の筋肉が凝り固まっているだけだと考えられており、だからこそ肩凝りをほぐすようにして、早期に適切な視力を回復するためのトレーニングを施すことで、視力は改善に向かうそうです。