視力回復手術の種類と方法4

視力回復手術の種類と方法4

視力を回復するための手術の1つに、今一番有名な「レーシック手術」があります。レーシックはまさに、視力回復手術の代名詞とも言えるでしょう。レーシック手術の場合、まずは「マイクロケラトーム」という機械などを用いて、角膜に蓋を形成します。近年においては、「イントラレース」という新しいレーザーによるフラップ形成が主流となっています。フラップを作った後は、エキシマレーザーを照射します。これにより、角膜の屈折力を弱めるわけです。そして最後に、フラップである蓋を閉じるため、角膜を保護するようにします。レーシック手術の場合、手術直後から視力回復を実感することが可能となっています。日帰りも可能であり、痛みもほとんどありません。しかしながらも、角膜の強度が弱くなるという欠点が存在することも、また事実です。エピレーシック手術やイントラレーシックなど、種類も多くあります。そして、安定した視力を得るためには、1週間~1ヶ月は時間が必要です。この間は、近くが見えづらかったり、全体的にぼやけて見えたり、さらには夜間に見えづらくなったり、ドライアイの症状が出たりと、不調が確認されています。