手術をして視力を回復する1

手術をして視力を回復する1

視力の回復には、手術という手段も存在します。この場合の手術とは、目に手術を施すことを指します。それによって、裸眼(眼鏡やコンタクトレンズを使わないで物を見るときの目)で快適にものを見るようにする方法です。視力回復手術を行うと、「眼鏡(近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹または凸レンズや色ガラスなどを使った器具)」や「コンタクトレンズ(眼鏡の代わりに、目の角膜の上に涙の表面張力で密着させ、視力を矯正するレンズ)」といった矯正器具を着用する必要がなくなります。また、矯正器具がなくても、満足な視力を得ることが可能になっています。現代では、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」だけではなく、「乱視(目の角膜や水晶体などが球面となっていないため、光線が網膜上の一点に集まって像を結ぶことのできない状態)」や、「遠視(調節していない状態の目に入る平行光線が、網膜よりも後ろに像を結ぶ状態)」も治療することが可能となっています。