気を付けたい視力回復コンタクトレンズの注意事項1

気を付けたい視力回復コンタクトレンズの注意事項1

「視力回復コンタクトレンズ」を使用した治療方法には、私たちが知る一般的なコンタクトレンズや、「レーシック手術(レーザーで角膜の表面をめくり、内部を削って屈折率を調整し、表面を元に戻す、屈折矯正手術の1つ)」と比べると、大変良い面がたくさんあることが分かります。しかしながらも、必ずしも良い面だけではないということを押さえておきましょう。まずは、強度の近視には不適応な治療方法だということです。次に、目の表面が荒れている場合にも使用しにくくなっています。そして、睡眠が短い人の場合、上手く矯正されないということです。視力回復コンタクトレンズである「オルソケラトロジー」の治療の場合、軽度から中程度までの近視しか矯正出来ません。なぜなら、強度の近視の角膜は、屈折力が強くくなっており、かなり角膜が突出していることから、思ったようにへこんでくれないのです。まないのです。従来型オルソケラトロジーの進化形である「オサート」という視力回復コンタクトレンズならば治療は可能となっています。