どうして視力回復コンタクトレンズが選ばれるのか?

どうして視力回復コンタクトレンズが選ばれるのか?

視力回復コンタクトレンズ、その治療方法である「オルソケラトロジー」には、いくつかのメリットが挙げられます。まずは、何かあっても、視力を元に戻せるようになっている所です。次に、角膜に充分な酸素を行き渡らせることが可能となっています。そして、「」仮性近視」においける抑制効果が期待出来ることです。視力を元に戻せるというのは、一見して当然のこととも考えられますが、手術をしないことから、視力回復コンタクトの治療を止めると、元の自分の目に戻れるということです。角膜を削ってしまうレーシック手術の場合、それは難しいことです。レーシック手術では、角膜の中央部をすり鉢状に削ることで、目全体の屈折力を弱めて、近視を治療するのです。視力回復コンタクトレンズの場合は、角膜の中央部を強制的にへこませることになります。それによって、屈折力が弱められるわけです。これは、視力矯正の原理と同じです。レーシック手術に抵抗があるけれども、日中は裸眼で過ごすことを望むのであれば、視力回復コンタクトレンズは選ばれるべき選択肢の1つとなるでしょう。