視力回復コンタクトレンズの仕組み

視力回復コンタクトレンズの仕組み

「視力回復コンタクトレンズ」によって、視力の回復を試みると、なぜ日中の間は、高い視力を維持することが可能となっているのか、ご存知でしょうか。視力回復コンタクトレンズを用いた治療方法の場合は、寝る前にまず、特殊な形状のハードコンタクトレンズを装着することになります。そして、寝ている間は、ずっとその状態を維持するのです。朝起きた時に、レンズを外すことになります。私たちが眠っている間に、実は視力回復コンタクトレンズの特殊な形状が、鋳型(いがた)となり、角膜を変形させているのです。だからこそ、強過ぎた角膜の屈折力が次第に弱められていき、一時的には近視が回復するという仕組みになっているわけです。しかしながらも、角膜には弾力が存在します。だからこそ、1日が終わる頃には、角膜は元の形に戻っていくのです。同時に、視力も元の状態に低下していきます。つまり、毎晩この視力矯正コンタクトレンズを着用する必要があるわけです。視力回復コンタクト、オルソケラトロジーの治療の場合、通常のコンタクトレンズの矯正とは逆の使用方法となるのです。