コンタクトで視力を回復する?1

コンタクトで視力を回復する?1

「コンタクト」と言えば、視力を回復する矯正器具として知られています。眼鏡の代わりに、目の角膜の上に涙の表面張力で密着させて、視力を矯正するレンズのことです。材質により、「ハードコンタクトレンズ」と「ソフトコンタクトレンズ」とに分かれており、コンタクトとの愛称で親しまれています。しかしながらも、現在において、「視力回復コンタクト」という名称のものが出ているそうです。視力回復コンタクトには、正式名称として、「オルソケラトロジー」があります。オルソケラトロジーは、特殊な形のオルソレンズを、夜に寝ている間だけ付けておくことを指し、昼間は裸眼で過ごすことが出来るという、非常に画期的な視力回復治療方法の1つとなっています。夜間において、治療用である超高酸素透過性のハードコンタクトレンズ「オルソレンズ」を用いることによって、角膜の形を矯正するわけです。昼間は、コンタクトを外していても、角膜の形が保たれているため、裸眼で過ごすことが可能となっているのです。