普段の生活の中で視力を回復1

普段の生活の中で視力を回復1

既に低下してしまった視力を回復することは、不可能に近いという認識を抱いている人が多いそうです。しかしながらも、視力に関しては、完全にはいかないものの、ある程度の回復は見込めるようになっているのです。その第一歩として挙げられるのが、普段の生活環境を変えることにあります。私たち現代人は、目を酷使する環境下にあるのです。それにも関わらず、目を使うという真の意味を忘れてしまっています。これに加えて、テレビやパソコン、携帯電話などの画面といった、近くて目が疲れるものは見るのに、山などの遠くの景色を見ることが少なくなってきているのが現状です。都会に暮らしている人の場合、周囲が高いビルで囲まれていることも多いことから、その傾向が強いと言えるのではないでしょうか。実は目には、「遠近調節機能」というものが備わっています。遠近調節とは、外界の物体の像を目の網膜上に明瞭に結ばせる目の働きのことを指します。動物によって、レンズと網膜の距離を変えることで行う場合と、水晶体の厚みを変化させて行う場合とがあり、人間では後者に当たります。