「斜視」を回復させる2

「斜視」を回復させる2

眼筋の異常によって、一方の目が物を直視している時に、他方の目が別方向を向いている状態である斜視だと自覚しているにも関わらず、そのまま何の手も打たないでいると、斜視になっている目の機能はどんどん低下していきます。そして、やがて弱視になってしまう可能性があるわけです。斜視に弱視が加わってしまうと、視力回復は絶望的になってしまうそうです。だからこそ、異変を感じたらすぐに眼科医に相談するようにしましょう。斜視の視力回復方法としては、遠視による斜視の場合は、凸レンズを使用している眼鏡を使用しての矯正になります。さらに、手術による視力回復方法も存在しています。この場合には、斜視の手術になります。斜視の手術を行うことによって、眼精疲労などが改善されて、視力回復する可能性があるのだそうです。手術方法としては、眼球を動かす筋肉を目の後ろにずらしたり、筋肉を短くしたりというものが一般的です。斜視の種類によっては、目の内側の筋肉を短くしたり、目の外側の筋肉を長くしたりもするのです。