「老眼」を回復させる1

「老眼」を回復させる1

老眼は、私たち人間が、避けては通れない道であるとも言えます。私たちが日頃から、老眼(ろうがん)と呼んでいる老化現象は、近年において、正式には「老視(ろうし)」という名称にあるそうです。老眼は、年齢と共に目の水晶体(透明なレンズ状をなした、眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官)の調節力が低下することによって、近くの物が見えにくくなることを言います。老眼は、加齢と共に起きてくる現象になります。どうのような状態かと言うと、目の水晶体の弾力性が、加齢に従って衰えてくることを起点として、ピント調整機能が低下していきます。そして、それまで見えていた近くのものに対しても、焦点(レンズや球面鏡において、光軸に平行な入射光線が集中する一点であり、入射光線が発散する場合、発散の原点と考えられる点)を定めることが出来なくなってしまうわけです。加齢によるものですが、どの程度年齢を重ねると老眼になるのか、これは誰もが気になる所ではないでしょうか。