「遠視」を回復させる2

「遠視」を回復させる2

遠視もまた、近視のように2種類に分けることが出来ます。まずは、「軸性遠視」です。軸性遠視は、眼球が短くなったものであり、強度の遠視に多いとされています。正視(正常の調節作用によって、平行光線が網膜上に正しく像を結ぶ目)状態での焦点位置は同じであっても、眼球を覆う最も内側の膜である「網膜(目の最も重要な部分で、外界の光を受けて像を結び、視細胞と視神経の末端とが分布していて、視細胞から刺激が視神経によって脳に伝えられ、色や明暗を識別する)」の位置が前に縮んでいるのです。次に、「屈折性遠視」です。屈折性遠視の場合、網膜の位置は正視状態と同じであっても、焦点(レンズや球面鏡において、光軸に平行な入射光線が集中する一点)が網膜より遠い位置にあることが特徴です。レンズの屈折力が弱過ぎることが、この屈折性遠視になります。遠視の場合、ピント調整力がある場合には、正視状態と同じように世界を見ることが可能になっています。このことから、自覚症状がないことが多いのです。