「近視」を回復させる2

「近視」を回復させる2

近視には、軸性近視と屈折性近視という2種類が存在します。屈折性近視の場合、本などを至近距離で見過ぎることによって、水晶体(透明なレンズ状をなした、眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官)がそのまま固まってしまうことを指します。屈折性近視になると、水晶体が近くを見たままの状態から戻らなくなってしまうので、遠方を見たとしても、視界がぼやけてしまうのです。遠方を見ているはずなのに、水晶体が固まっているので、目は近くを見ている状態なっており、視界がぼやけるというわけです。屈折性近視は、「仮性近視」・「偽近視」などとも呼ばれています。近視と言われている大部分が、この屈折性近視によるものです。視力を回復するためには、異常を感じたらすぐに眼科を受診することをお勧めします。軽度の近視であれば、視力回復は充分に見込めるのです。そのまま放置していると、回復の見込みが見出せなくなってしまうので、早めに手を打って、視力回復と視力低下の予防に心掛けて下さい。