視力回復の専門施設2

視力回復の専門施設2

視力回復センターにおいて、現在使用しているメガネの適性検査、裸眼時の視力と矯正時の視力測定、コンピューターを使用しての目の屈折度数測定のチェックが終わると、今度はカウンセリングを受けることになります。ここで、個人個人に合わせた視力回復までの所要期間や費用、さらには日常生活で注意すべきこと、どの程度視力が回復するかという可能性、矯正器具の必要性などを話し合います。つまり、その人に一番適したプランニングを行うわけです。以上のようなチェックとカウンセリングの結果から、視力回復センターに通えるようになると、センターでのトレーニングが開始されます。各センターによって、トレーニング時間などに若干の違いがあるそうですが、1回での所要時間は、およそ10分程度が普通です。定期的な視力検査が行われ、視力回復の状況に応じて、それ以後のプランニングを変更していくようになっています。アフターや自宅でのトレーニング指導も同時に行われています。