コンタクトレンズの正しい知識2

コンタクトレンズの正しい知識2

現在において、日本では、コンタクトレンズは大変多くの人に愛用されている、普段の生活では欠かせない存在になりつつあります。眼鏡は手軽で、一度作れば長持ちするので、昔からの愛好者が多いのですが、コンタクトレンズには、付けた時の違和感が少ないのが特徴です。スポーツにも適しているので、視力が悪いことに劣等感を抱くことなく、思った通りの運動を望めるでしょう。しかしながらも、コンタクトレンズは、長時間使用することには、実は適していないそうです。コンタクトレンズは眼鏡とは違って、直接角膜(後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接する眼球の前面を覆う透明な膜)の上にレンズを置くことから、眼鏡のように眼との距離がなく、物体が歪んで見えたりということが少ないのです。このコンタクトレンズを長時間使用することによって、目の乾燥、目の充血、目がゴロゴロするなどといった症状が現れてしまうことが多いのです。この状態のまま使用を続けていると、目を傷付けてしまう可能性が高くなるわけです。