視力における眼鏡の善し悪し2

視力における眼鏡の善し悪し2

眼鏡を新調した際には、とてもクリアな視野になって、周りがよく見えやすくなることと思います。しかしながらも、使用しているうちに見えづらくなってきて、また眼鏡を作り替えることに、という経験は誰でもあるのではないでしょうか。さらに、作り替えた眼鏡を使用していたら、今度は疲れやすくなったり、頭が痛くなったりと、思いも寄らない出来事に見舞われた人も、少なくなく存在するはずです。元来、眼鏡の役割とは、低下してしまった視力を適度に補正するために使用するものになります。だからこそ、今有している視力以上に、矯正後の視力を上げるようには出来ていないのです。眼科において、視力検査をした結果に基づいて、眼鏡を作ることになります。眼科での検査時に、その人にとってのベストな矯正数値という結果が出るような仕組みになっているわけです。だからこそ、必要以上に見え過ぎる眼鏡を使用する必要性は、全くないのです。過剰に見える眼鏡を使用することは、過度の矯正を行うことになります。それだけ目を緊張させてしまい、眼精疲労や頭痛の原因となり得るのです。眼鏡は視力矯正器具ですが、見え過ぎる眼鏡には注意しましょう。