なぜ視力は低下してしまうのか?2

なぜ視力は低下してしまうのか?2

視力低下に伴って、目をこする頻度が高い人の場合、「網膜剥離(網膜の外層をなす色素上皮層から、内層をなす神経層がはがれた状態)」、「白内障(水晶体が混濁して視力が低下する病気)」、「緑内障(眼圧が異常に高くなり、視神経が障害されて視力が低下する病気)」といった病気を併発してしまう確率が上がるそうです。これだけではなく、近視、遠視、乱視、弱視、加齢によるもの、全身衰弱、長期間に渡って何か心配していることがある、神経を苛立たせることが多い、何かを近くで見続ける、などが視力低下の原因として主として挙げられます。目を動かす筋肉の眼筋を緊張させることは、視力を低下させることに繋がるわけです。私たちは普段の生活において、このように目を酷使して生きているのが現状です。疲れてしまった目や、その力が低下し始めてしまう傾向にある場合は、必ず目を休ませてあげられるようにして下さい。それが視力低下を食い止める、一番の方法になります。