視力低下の原因は近視が多い?2

視力低下の原因は近視が多い?2

視力低下の原因として、以前からよく知られていたことがあります。それは遺伝によるものであり、近年においては、視力低下の原因に関連するような遺伝子も特定されているので、専門家の間では定説になりつつあります。これには、環境による原因が大きいとされており、携帯やテレビ、パソコンやゲームなどの機器が発達したことによって、近くで長時間見ることや、慢性的な眼精疲労、さらにはストレスを溜め続けるなどすることによるものです。上記のような生活習慣を続けてしまうと、目の筋肉が疲労してしまい、視力低下の原因となるわけです。また、目の組織の問題で、成長によって網膜(眼球を覆う最も内側の膜)が前後になってしまう眼軸説や、幼年期においての小麦粉(炭水化物)の過剰摂取よる慢性の高インスリン血症が原因となる栄養説があります。そして、赤ちゃんの頃、夜に明かりを点灯させた状態で寝かせて育てた場合、近視になりやすいという照明説も存在しています。