どうして視力の悪い人と良い人がいるのか?

どうして視力の悪い人と良い人がいるのか?

目が悪い人と良い人には、違いがあるそうです。それは一言で、ただ単に日常生活において、目をどのように使っているかだけのことなのです。つまり、正しい目の使い方を理解するだけで、レーザー手術と同じぐらいの視力回復の効果が期待出来るわけです。視力低下の原因としては、主として遺伝や環境、病気や先天的な要因など、様々な説が挙げられています。だからこそ、小さい子供であっても、近視になってしまう例が多くあるのです。例えば先進国である日本の場合は、テレビやパソコンによる目の酷使も、少なからず影響していると言えるでしょう。視力低下に悩んでいる人が、日本では非常に急増していることが、それを如実に象徴しています。視力を矯正する道具としては、「眼鏡(近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹・凸レンズや色ガラスなどを使った器具)」や「コンタクト(眼鏡の代わりに、目の角膜の上に涙の表面張力で密着させ、視力を矯正するレンズ)」、またはレーザー治療としての「レーシック(屈折矯正手術)」などの近眼手術や、「オルソケラトロジー(特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用することで角膜形状を変形して矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療)」など、様々な方法があります。