視力低下と色の関係

視力低下と色の関係

実は、視力回復に繋がる色と視力低下に繋がる色があるのです。じっとその色を見ていると、目の疲れが取れて視力回復に繋がる場合もありますし、反対に目が疲れてしまう可能性もあります。

まず、目の疲労に繋がる色としては、赤や黄色があります。赤や黄色は目を調節する機能を刺激することに繋がりますので、長時間見ることによって目が疲れてしまい、目の筋肉が固まって視力が低下しやすくなるのです。普段、そのような色を頻繁に見ることは無いかもしれませんが、なるべくそのような色を長時間見るのは避け、もし見る機会があるのであれば、定期的に目を休憩させるようにしましょう。

反対に視力回復に繋がる色ですが、緑は目の疲労回復に繋がります。緑と言っても濃い緑ではなく、自然な緑をおすすめします。できるのであれば、森林などの緑を眺めるようにしましょう。近くに自然が無い場合はなかなか難しいかもしれませんが、眺めの良い場所で景色を見る機会を作るようにすることをおすすめします。