ベイツメソッドによる視力回復

ベイツメソッドによる視力回復

視力回復方法の一つとしてベイツメソッドがあります。これはベイツ理論に基づいた視力回復方法であり、目の周囲にある筋肉をほぐすことができるものなのです。目の周囲には、6つの外眼筋が存在していますが、この筋肉が緊張することにより、視力が低下してしまうと言われています。目の周囲の筋肉が柔らかい状態にあれば、柔軟に眼球を動かすことができますので、視力が回復するのです。

目の筋肉が固まると、目の血行が悪化してしまいます。筋肉が固まってしまう場所により、遠視や近視になることがあります。また、筋肉の緊張から緑内障や白内障が起こることもありますので、そのまま放置するのは危険なことなのです。特に目を酷使する人は筋肉が硬直しやすいため、ベイツメソッドを試すと効果が実感できるかもしれません。