軸性近視と視力回復について

軸性近視と視力回復について

視力が低下している原因の一つに軸性近視があります。これは、角膜の屈折率は問題無いにも関わらず、角膜までの距離が長いために、網膜できちんと焦点が合わず、視界がぼやけてしまうという状態になります。最近は軸性近視の人が増えていると言われており、特に幼児期に軸性近視になりやすいのですが、年齢を重ねるにつれて徐々に改善されていくのが一般的です。ですから、幼い時に軸性近視であったとしても、さほど気にする必要はないでしょう。

軸性近視の場合は、コンタクトレンズやメガネによって視力回復をすることができます。また、レーシックによって矯正することもできますので、もし年齢を重ねても視力が良くならないようであれば、レーシックなどの方法を検討してみても良いでしょう。自分は軸性近視なのかどうか知りたいという場合には、まず眼科を受診してみると良いと思います。