姿勢が悪いと視力が低下する可能性も

姿勢が悪いと視力が低下する可能性も

常に姿勢良くするように心がけている方であれば良いでしょうが、姿勢について特に気にしていない方は、もしかすると姿勢が原因で視力が低下している可能性もあります。目は、対象となる物との距離によって、水晶体の厚さを変えているのです。物と目の距離が近ければ近いほど、目には大きな負担が掛かってしまうと言われています。目は常にピントを合わせるように働いているのですが、物との距離が近すぎると目が余計に疲れてしまい、視力が低下する可能性がありますので注意しましょう。

姿勢が悪い方は、自然と対象物と目との距離が近くなっているものです。新聞や本を読む時、テレビを見る時など、猫背になっていたりすると距離が近くなってしまいますので、気を付けましょう。

また、姿勢が悪くなると肩こりなどを引き起こしてしまいますので、更に症状が悪化する可能性もあるのです。大切なのは意識をして姿勢を正すということです。なるべく背筋を伸ばすようにする、対象物と目の距離を適度に保つように心がけましょう。姿勢を正すことに最初は慣れないかもしれませんが、毎日気を付けているうちにそれが当たり前になります。年齢を重ねると背骨も曲がりやすくなりますので、それを防ぐためにも今のうちから姿勢を正すことが大切です。