コンタクトによる目の障害

コンタクトによる目の障害

コンタクトを使用することにより、裸眼では見えないものも見えるようになります。メガネの場合はずれてしまうこともありますし、曇るなどのトラブルも考えられますが、コンタクトでしたら目にフィットしますので、そのような心配もありません。だからこそ使用している方が多いのでしょう。

しかし、コンタクトを使用することにより目に障害が起こる可能性もあります。たとえば、点状混濁という状態がありますが、これは角膜の表面に傷が出来てしまう状態を指します。この傷を放っておくと、角膜上皮びらんと言って、目の細胞が落ちてしまうことがあります。また、コンタクトを付けると目に必要な酸素が不足することもあるのですが、それによって毛細血管が角膜に入り込むという角膜血管侵入傷害が起こることもあります。また、角膜にカビや細菌が繁殖してしまう角膜潰瘍や角膜浸潤という状態になることもあるのです。

非常に怖いものですから、最も良いのはコンタクトを使わないということです。それが難しいのであれば、使い捨てのコンタクトを使用して、トラブルを防ぐようにしましょう。