カラコンと視力低下の関係

カラコンと視力低下の関係

カラコンに限らず、どんなコンタクトを使用している場合も、それが原因で視力低下してしまうことは良くあるのです。視力低下すると言っても、必ずしも急に視力が低下するわけではありません。

コンタクトレンズが原因で視力低下を引き起こす理由としては、コンタクトの汚れなどが考えられます。きちんと洗浄出来ていない状態で過ごすと、コンタクトに付着している不純物などが目に入ってしまう危険性があります。また、角膜を直接傷つけてしまう可能性もあるのです。

コンタクトを付けたことのある方ならお分かり頂けると思いますが、角膜とコンタクトは直接触れることになります。そうすると、コンタクトを外す時に角膜を傷つけてしまう可能性があるのです。また、長い間同じコンタクトを付けるのも良くありません。

視力というのは、徐々に変化してしまうものです。だからこそ、定期的に視力測定などを行い、自分に合った度のコンタクトを装着することが大切です。目への負担を考えるのであれば、きちんとコンタクト選びをしてみてください。