肝臓と視力低下の関係

肝臓と視力低下の関係

視力低下の要因は多々ありますが、たとえば肝臓の機能の衰えもその一つであると言われています。肝臓を酷使してしまうと、徐々に視力が低下すると言われているのですが、一見肝臓と目というのは関係が無いように思えるでしょう。

肝臓の働きが衰える要因として代表的なのは、やはりお酒です。お酒を摂取すると、肝臓で分解されるのですが、お酒を飲み過ぎてしまうと、それだけ肝臓が働かなくてはならなくなるのです。毎日のように大量に飲酒する人もいるでしょうが、そのような生活を続けていると、肝臓はどんどん衰えてしまいます。その分、栄養分の代謝がきちんと行われなくなってしまい、全身に必要な血液が行き届かなくなるとも言われています。

視力低下は、目の血行不良が原因で起こることもあります。肝臓の働きが弱まってしまうと、目に必要な血液が不足して、目の疲れに繋がり、視力低下を招くと言われています。目を使っている人は、目が疲れてしまうのは当然ですが、目をそれほど使わない仕事なのにも関わらず目が疲れると感じる人は、肝臓が弱っているかもしれません。視力低下を防ぐためには、肝臓機能を取り戻すことが大切ですので、少しお酒を控えることから始めてみると良いでしょう。