視力回復に繋がる生活の仕方 その2

視力回復に繋がる生活の仕方 その2

日常生活において大切なのが、照明です。夜になれば照明を付けることになるでしょうが、照明の明るさも大切です。暗めの照明も流行していますが、それでは目が悪くなってしまう可能性があるのです。

また、照明のタイプを見直すことも大切です。蛍光灯よりも白熱灯の方が目には優しく、負担を掛けずに済みますので、非常におすすめです。消費電力は大きいのですが、目のことを考えるのであれば、なるべく白熱灯を使用するようにしましょう。

また、照明はちらつきが起こって疲れ目に繋がることもありますので、頻繁に交換することも大切です。目への負担も考えて照明を選び、もし照明が暗いようでしたら電気スタンドなどを利用して、なるべく明るく保つことも大切です。

続いて睡眠です。睡眠時間は毎日6時間から8時間はとった方が良いと言われています。目をしっかりと休ませることは視力回復にも繋がりますので、なるべく充分な睡眠をとるように心がけてみてください。また、目への負担を考えて、寝る時には照明を消すようにしましょう。