視覚能力を向上させるビジョントレーニング

視覚能力を向上させるビジョントレーニング

視力を回復させるためには、視覚能力自体を向上させることが重要です。なぜなら、視覚は可視光を物理的入力とした感覚のことであって、大切な五感の1つでもあります。そして、視覚によって外界にある物体の色・形・運動・感触・奥行きなどについて、情報と物体の分類についての情報、さらには物体の位置関係のように、外界の空間的な情報などが得られるからです。そのために積極的に使われているのが、ビジョントレーニングです。ビジョントレーニングは、眼球運動のコントロール能力や、焦点を合わせる機能、そして両目の協調機能・動体視力・立体視能力・奥行き認識能力などの視覚能力を向上させるトレーニングになります。そもそもビジョントレーニングは、アメリカ合衆国においての空軍パイロットの訓練用に開発されたトレーニング法になります。近年では、軍事用だけではなく、民生用として転用され、、学習障害の1種であるディスクレシアの治療や、スポーツ選手の能力開発のためのトレーニングなどにおいて、多種多様に応用されています。