「不正乱視」とは何か?

「不正乱視」とは何か?

乱視にも様々な種類があり、特にどこにも焦点が結ばれることのない状態の乱視のことを、「不正乱視」と言います。不正乱視は、角膜の異常によって発生することが多くあります。不正乱視の症状が、全く出ない人は、乱視の中でもほとんどいないと言われています。しかしながらも、不正乱視だからといって構える必要はなく、補正なしか、近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため遠い所がよく見えない状態)、遠視(調節していない状態の目に入る平行光線が、網膜よりも後ろに像を結ぶ状態)、正乱視のみの屈折補正において、1・0以上の視力が出せれば、普通、日常生活においては問題視されません。この不正乱視は、ハードコンタクトレンズによって補正することが出来ます。コンタクトレンズは、直接目に装着する器具であるので、敬遠している人もいるでしょう。このようにコンタクトレンズが使用出来ない場合には、また屈折補正の効果が低い時は、外科手術が必要になってきます。