視力回復用語「乱視」3

視力回復用語「乱視」3

乱視においては、光を発散させる働きを有しており、近視用眼鏡などに使用される「凹レンズ(中央部が縁より薄いレンズ)」や、入射光線を集める働きを有しており、望遠鏡や顕微鏡の対物レンズ・写真レンズなどに主に使用されている「凸レンズ(中央部が縁より厚いレンズ)」を用いた矯正が必要になります。以上のような2枚のレンズの機能を、たった1枚で果たしてくれるのがトーリックレンズになります。だからこそ、トーリックレンズは乱視の矯正に使われることが多くありますが、近視か遠視用のコンタクトレンズと、乱視用眼鏡を併用する例も見られるわけです。一般的なコンタクトレンズでは、角膜上で自由に回転しますが、乱視用コンタクトレンズの場合、角度を合わす必要があるため、特定の角度で安定してくれるという工夫がなされているのです。レンズは、光を屈折させて発散・集束させるための光学素子になります。両側面を球面と球面、さらには球面を平面とした透明体で通常になります。その用途によっては、片面か両面を球面ではなくした非球面レンズも利用されています。