視力回復用語「乱視」2

視力回復用語「乱視」2

乱視は、「眼鏡(目の屈折異常を補正したり、目を保護したり、着飾ったりするために目の周辺に装着する器具)」や、「コンタクトレンズ(角膜に接触させて使用するレンズの形態をした器具)」、さらには「レーシック(角膜屈折矯正手術の1種であり、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射することによって、角膜の曲率を変え、視力を矯正する手術)」によって矯正されます。コンタクトレンズの場合、ハードコンタクトレンズか、トーリックのソフトコンタクトレンズが推奨されています。円柱レンズを使用した場合、乱視自体は矯正することが出来ます。円柱レンズを用いたことにより正常視となった乱視のことを、単性乱視と呼びます。単性乱視だと認められない時、円柱レンズによって、「近視(眼球内に入ってきた平行光線が調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、それより手前に焦点を結んでしまったこと)」か、「遠視(遠方から眼内に入った平行光線が調節力を働かせていない状態であり、網膜の後方に焦点を結ぶこと)」だと認められます。