視力回復用語「乱視」1

視力回復用語「乱視」1

視力を回復させるために知っておく用語の中に、「乱視(らんし)」があります。乱視は、目の屈折異常の1つです。「角膜(目を構成する層状の組織で、透明であり、最も外界に近い部分に位置する)」や、「水晶体(カメラでいう凸レンズの役割を果たしている、人間の目の中にある組織)」が歪んでしまったことによって、「回転体(数学・工学・製造業において、平面図形をそれと同平面に位置する直線軸の周りに回転することによって、得られる立体図形)」でなくなり、その影響から光の屈折がずれて、焦点が合わなくなる状態を言います。生物の目は、実は完全ではないとされています。つまり万人が、乱視の要素を有しているわけです。乱視が軽微な時は、基本的に問題はないと診断されることが多いです。しかし、ものが多重に見えてしまうなど、視覚に問題が生じた場合には、屈折の補正が必要になってきます。光が2ヶ所で焦線を結ぶ乱視のことを、正乱視と言います。ほとんどの乱視の場合、正乱視と診断されます。