視力回復用語「正視」2

視力回復用語「正視」2

近視や遠視などにおける屈折の異常を矯正する上で、明確に表現した場合、その際には、「眼鏡(目の屈折異常を補正したり、目を保護したり、着飾ったりするために目の周辺に装着する器具)」や、「コンタクトレンズ(角膜に接触させて使用するレンズの形態をした器具)」を使用することによって、正視の状態を維持するわけです。しかしながら、厳密に見ていくと、若干近視に寄っている人の状態にするとった表現が、多くの例で適切となっています。完全に正視と言える状態においては、チン小帯や毛様体の緊張が常に起こっていることから、他の人よりも目が疲れやすくなっているそうです。矯正用のレンズは、正視の状態よりも少しだけ、近視の方向に合わせて、調製するものになっています。その際には、レンズの度数である「ディオプター」において、最良の遠点視力が得られる値よりも、少しばかり大きくするのが特徴です。具体的に言うと、近視においては弱めに度数が調整され、遠視においては強めに度数を調整するわけです。矯正を行った状態で、ごく弱い凹レンズを通してものを見た場合には、以上のような条件に適合すると言えます。特に、遠点視力が良くなった結果となれば、確実でしょう。