視力回復用語「正視」1

視力回復用語「正視」1

視力を回復する上で、用語を正しく理解していることはとても大切です。その1つに挙げられるのが、「正視(せいし)」です。視力は、目で物体を識別出来る能力になります。正視とは、目の屈折に異常がないことを指します。「水晶体(カメラでいう凸レンズの役割を果たしている、人間の目の中にある組織)」が最も薄くなっているという、「チン小帯(毛様体と水晶体の間を結んで水晶体を支える働きを有する)」と、「毛様体(もうようたい、水晶体の厚さを変えて屈折度を調節して像の焦点を合わせる働きをする、眼球の水晶体を輪状に取り囲んだ組織)」の緊張が認められない場合、無限遠方の像が、網膜上に結像する状態になります。ただ視力が良ければ、正視だと考えるのではありません。視力が良い人であっても、軽度の「遠視(遠方から眼内に入った平行光線が、調節力を働かせていない状態に陥り、網膜の後方に焦点を結んだこと)」の人は多く存在すると言われています。