回復するために知る視力の種類2

回復するために知る視力の種類2

視力の種類の1に挙げられるが、「片眼視力」と「両眼視力」です。片眼だけでものを見た場合の視力のことを、片眼視力と言います。そして、両眼を同時に使ってものを見た場合の視力のことを、両眼視力と言います。両眼視力においては、片眼視力で計測するよりも少しばかり視力が良くなります。「乱視」を有しているなどの状態異常がある場合には、その傾向はますます顕著になります。これは両眼視によって、深視力が高まるためだと言われています。乱視とは、目の屈折異常の1つになります。角膜や水晶体が歪んでしまったことによって、回転体でなくなることから、光の屈折がずれて焦点が合わなくなります。生物の目は、完全ではないので、この世の全ての人が乱視の要素を持っていると言われています。しかしながらも、軽微な状態の場合では、問題がないことが多くあります。ものが多重に見えるなど、視覚に問題が生じた時には、屈折補正が必要になってきます。