回復するために知る視力の種類1

回復するために知る視力の種類1

視力はその状態によって、いくつかに分類することが出来ます。その中に挙げられる1つとして、「裸眼視力」と「矯正視力」があります。視力は人により、弱くなりやすい傾向にありため、視力矯正を行うための器具が存在します。これを使用しない場合での視力のことを裸眼視力、そして眼科などにおいて、矯正視力検査を行って算出された視力のことを矯正視力と言います。「眼鏡(目の屈折異常を補正したり、目を保護したり、着飾ったりするために目の周辺に装着する器具)」や「コンタクトレンズ(角膜に接触させて使用するレンズの形態をした器具)」を使用することによって、矯正を行っている場合には、視力と混合されることがあるので注意が必要です。一般的には、検査値を示す言葉でもあります。裸眼視力と矯正視力を一緒に記す場合には、矯正視力を括弧で括くことによって記載します。あえて、補正視力と別称することもあります。普通に視力と言う場合、それは矯正視力を指すことになりますが、例えばプロ野球の審判などの裸眼視力が必要な基準を満たしていない場合、その職に就くことが出来ないこともあります。