視力回復手術を受けた場合は免許も変更しましょう

視力回復手術を受けた場合は免許も変更しましょう

視力回復方法を実践した結果、裸眼で生活できるようになったという方もいるでしょう。たとえば、レーシックの場合は、手術をすることによって裸眼で生活できるようになる方が多いですが、視力回復手術をする前に免許を取得した場合は、眼鏡やコンタクトを使用しており、運転免許証にも眼鏡等という条件が記載されていると思います。

しかし、視力回復手術を受けて裸眼で生活できるようになった場合は、眼鏡等は必要なくなりますよね。もし裸眼で運転していた場合は、罰金となる可能性もあるのです。違反点数は2点で、反則金は5千円から9千円となります。もちろん、何も無ければそのようなことを注意されることは無いでしょうが、万が一のことを考えて、せっかく裸眼で生活できるようになったのであれば、運転免許証の条件も変更しておきましょう。

運転免許センターや警察署で簡単に条件を解除してもらうことができます。条件が外れると、本当に視力が回復したということが実感できるでしょうから、嬉しいものでしょう。面倒かもしれませんが、そのような手続きもきちんと行うことをおすすめします。