身体にいい食べ物で視力回復を促す

身体にいい食べ物で視力回復を促す

視力回復に食べ物がどれほど影響するかはっきり実感されている方はそれほど多くないかもしれません。
しかし、目の健康に良いといわれている食べ物も直に視力回復に作用するかというと、それは難しいといわざるおえないかもしれません。しかしながら、健康な身体は毎日の食生活から生まれるように、やはり視力低下を防止し、視力回復を促し、助ける食べ物は可能なかぎり毎日の食生活から取り入れる工夫は必要です。
目に良いと言われいて手軽に手に入る食材としては人参、大根、チーズ、レバー、トマト、うなぎ、三つ葉等がビタミンやミネラルが豊富であるため視力を守るのに効果的だといわれています。しかし、逆に視力を低下させないために食べる量を抑制したほうが良いとされるのが白砂糖なんです。
これちょっと驚きですよね。
視力のために良い栄養素は、特にビタミンAが有名ですよね。それと同時にやはりカルシウムもとても重要です。カルシウムが体内で不足すると、毛様体筋の働きがたいへん鈍くなるため、近視になりやすくなってしまいます。
例えば、一般的に視力が悪くなり始めるといわれている12~16歳くらいの時期は、身体全体が成長期であり最も身長が伸びる時期と重なっています。これは、骨を形成するカルシウムがそこでたくさん使われてしまうので、目に行く分十分でなく、不足するためだと言われるくらいです。
先ほどお話しした白砂糖は、過剰に摂取するとカルシウムの吸収を阻害するために、そのことから目には良くない、と言われているわけです。
しかし、いずれにしても、偏った食生活をすることは、視力のみならず健康にも悪影響を及ぼすのは当然ですのでバランスの良い食事を日頃から心がけることが大切なのは言うまでもありません。